Live Alive

​よくあるご質問

FAQ

1日2回(またはそれ以上)公演をしたい・実際に来場者の動員も行いたい


ご対応可能です。

2回公演の場合の制作費①の項目は1.5倍の料率を設定させていただきます。
実際に動員をしつつ配信する場合も同様の料率を設定させていただきます。
またそれに伴う会場延長料や付帯費・運営費については会場ごとに異なりますので、
別途実費ご請求をさせていただきます。

また、実際の動員を行う際は、

無観客での配信ライブよりも運営周りの経費等が増えますのでご注意ください。

このあたり事前にお打ち合わせをさせてくださいませ。




配信した映像や音源を映像作品化・音源化(製品化)して販売したい。


もちろん可能です。
映像作品化(製品化)する場合、会場規定の収録手数料が制作費②に加算されます。
イマチケや他配信サイト内での期間限定アーカイブ化は無料です。

なお、Live Aliveでは音声収録・映像収録〜映像作品製作までカバー可能です。




既に提携会場の決定予約をもっているが、Live Aliveのサービスは利用可能か?


会場側ごとに決定予約の振替/変更についての規約がございますので、
その都度交渉と調整を行います。
どうぞお気軽にご相談ください。




会場の仮予約・配信ライブ開催の仮予約期限は?


会場やスタッフ・機材の手配の関係で、仮予約の期限は7日間とさせていただきます。




決定予約後の公演をキャンセルしたい。


公演開催決定後のキャンセルポリシーは以下の通りです

公演日を含めて30日前→制作費①の20%

       14日前→制作費①の50%

        7日前→制作費①の100%

※なるべく早く会場・機材・スタッフを確保することでコストダウンを実現している為、上記キャンセル料が発生いたします。ご了承ください。

ただし、コロナウィルスの感染再拡大に伴う開催不可の状況などの場合は、状況に応じてご相談とさせていただきます。




いつまでこのLive Aliveの料金設定でサービスを利用できる?


提携会場によっても異なりますが、

現段階では当プロジェクト自体は9月末までの対応となります。

その後は行政のガイドライン等に沿って料金を見直し・改定させていただきます。
10月以降のご予約については承れますが、料金設定については8月末で再度設定しご相談をさせていただきます。

その段階で引き続きサービスをご利用されるかどうかご検討いただきます。




ライブ制作、舞台制作自体も対応可能?


勿論通常のコンサート・ライブ制作・舞台制作業務であれば、 ライブの中身そのものの制作からご対応可能です。 まずはお気軽にご相談ください。




他社の動画配信サービス・チケット販売サービスは利用できる?


可能です。

現在多数運用されている配信サービスを主催様側でご選択頂いても結構です。
また配信リスクの分散のため複数の配信サービスの併用も可能です。

その際はLive Aliveの配信映像音声の送出環境と配信側の環境の確認をさせていただきます。

配信サービス側のご担当者とのお取次ぎをお願いいたします。




公演開催にかかる費用を知りたい


Live Aliveは会場やテクニカルスタッフ各社と特別な業務提携をしております。 また主催様のご希望に応じて細かく対応いたしますので、 それぞれの会場や公演内容に応じてベースとなる具体的な費用を算出しご提案致します。 お気軽にお問い合わせください!